診療のご案内| 伊丹市昆陽東 ずし整形外科 | 阪急OASIS伊丹昆陽東店2F

阪急OASIS伊丹昆陽東店2F

072-779-3307

診療のご案内

診察ご希望の方は問診票をダウンロードしてご記入の上、お持ちいただくとスムーズです。

ずし整形外科 問診票

整形外科

骨をはじめ、関節、筋肉、脊柱など、主に運動器と呼ばれる体の部位を診察する診療科目です。単に膝や腰、肩といった体の一部分だけではなく、運動器全体の機能改善を目指す治療を行います。
当院は労災保険指定医療機関です。労災保険で治療を希望される方は お気軽にご相談下さい。

  • 超音波(エコー)検査でケガの状態を確認します
  • 交通事故や労災での怪我もご相談ください

詳しくはこちら

リハビリテーション科

心身の機能や構造になんらかの障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことをリハビリテーションと言います。

主な物理療法

ウオーターベッド、ホットパック、牽引療法 など

詳しくはこちら

骨粗しょう症

老化やカルシウム不足、運動不足、喫煙や飲酒、閉経(女性ホルモンの減少)などが原因となって骨量(カルシウムやコラーゲンなど)が減少してしまう病気が骨粗しょう症です。

  • 大腿骨近位部の骨折は要介護を招いてしまいます
  • 50歳になる前に女性は一度検査を
  • DEXA法による骨密度検査を行います

詳しくはこちら

関節リウマチ

関節リウマチとは、本来であれば病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走して自分自身の体を攻撃し(自己免疫)、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。

  • 女性に多くみられる疾患です(男性の3~4倍)

詳しくはこちら

小外科処置

骨折や打撲、捻挫だけでなく、切り傷や擦り傷など、日常生活で負った創傷処置なども当院では対応いたします。怪我をされた時は感染症を防ぐためにも、お早めにご相談ください。

詳しくはこちら

ロコモティブシンドローム

加齢に伴う筋力の低下をはじめ、関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより、運動器(ロコモティブ)の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまう、あるいはそのようなリスクが高い状態を言います。

  • 運動器障害は健康寿命を脅かす最大要因です。

ロコモティブシンドロームの患者様に対して、筋力トレーニング、歩行訓練、転倒予防指導などを行っております。

詳しくはこちら

漢方外来

従来の治療法では症状が改善されない患者様には漢方治療もひとつの選択肢となります。
西洋薬と比較して副作用が少ないことも漢方治療の特徴の一つです。
主に肩こりや50肩、腰痛や坐骨神経痛、関節痛に対して漢方薬による治療を行っております。

詳しくはこちら